日本フッソ工業株式会社 English
埼玉 03-3688-3237072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内

  ご相談から納品の流れ
  焼付けコーティング
ライニングの流れ
  こんなことでお困りでは
ありませんか?
  フッ素樹脂コーティングが
解決する課題
機能別
付着防止
腐食防止
高純度(対溶出)
高純度(対パーティクル)
帯電防止
低摩擦
絶縁
用途別
反応
ストック
乾燥
移送
混合
吸収・吸着
分離・濾過
計量
塗布
半導体製造装置
液晶・有機EL製造装置
成型
付属機器
実験機器
オリジナル製品
【コーティング仕様】
 
CFRP基材へのコーティング NEW
伝熱プレートへのコーティング NFX-1525 NEW
ノンスリップコーティング
 NFX-8690
NEW
セラミックコーティング
 NF-5340
NEW
セラミック+フッ素樹脂コー
 ティング
 NFX-5490EC
NEW
Aμcoat®
 (エーミューコート)
ECシリーズ
剥離帯電防止コーティング
リチルライニング
タックフリー
オリジナル製品
【機器設計・製作】
熱交換器 NEW
ノンメタルPEC
ライニング用機器設計・製作
メンテナンスシステム
フッ素樹脂グレード一覧

環境への取り組み
技術情報
採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA
NIPPON FUSSO(THAILAND)CO.,LTD.

HOME製品案内粗面化仕様コーティング タックフリー > NF-850ECB


粗面化仕様コーティング タックフリー

NF-850ECB

新グレード:NF-850ECBのご紹介

NF-850ECBは、新しいタイプの表面処理です。従来のフッ素樹脂コーティングや粗面仕様コーティング(例:タックフリーコーティング)で困難な「高離型性」と「表面性」を両立し、更に「帯電防止性」も付与しました。NF-850ECBは、「高粘着物を扱うが、製造機器の粗面化はNG」といったご要望にお応えします。粗面仕様コーティングと比較した場合、NF-850ECBには次のような特長があります。

 

(1)表面性が格段に優れています(Ra3程度で、凸凹が小さい)。
(2)粗面仕様で施工困難な母材・部位(配管ダクト内面など)にも施工可能です。
(3)下地に粗面化のための層が不要です。このため、比較的短納期かつ安価に施工出来ます。
また、帯電防止性を付与しています。

 

このような特長があるため、NF-850ECBは、粘着性フィルムを通すダクトや、凸凹転写不可のタック性フィルムが接するロール、などに最適です。


NF-850ECBの特性

主材料 標準膜厚 耐熱温度
[℃]
硬さ
[鉛筆硬度]
表面粗さ(※1)[μm] 帯電防止
特性
Ra Ra
焼付
シリコーン
20μm 230 5H〜6H 3 15 あり
(※2)

※1) JIS0601-2001 に準拠。Ra:算術平均粗さ、Rz:最大高さ。
※2) 漏洩抵抗値 < 106Ω
[注]上記のデータは、テストパネルでの実測値であり、保証値ではありません。


NF-850ECBの表面

施工例:ダクト内面

タック性のフィルムを空気輸送するダクト


内面にNF-850ECBを施工しました。母材が薄いこと、及び、細径長尺寸法であるため、粗面化仕様コーティングは施工できません。また、フッ素樹脂をコーティングした場合は、フィルムが内面で貼り付き、搬送不良が起こりました。


NF-850ECBにより、極めて良好なフィルム搬送性を実現することができました。


テープ剥離試験

◎試験条件

テストパネルに、粘着テープを一定の力(0.2kgローラー、2往復)で貼り、30分間放置。その後、テープを剥離。


剥離速度 300mm/min
テープ 幅25mm/長さ200mm

◎試験結果


テストパネル 剥離力( N )
SUS304(2B材) 5.8〜8.0
PTFEコーティング 4.0〜7.6
NF-850ECB 0.1〜0.2



耐溶剤性試験

“シリコーンを主材料としている表面処理は不可”という工場があります。これは、一般にシリコーン系材料は有機溶剤に弱い、とされているためです。皮膜成分(シリコーン系材料)が剥離すれば、製品の品質低下を招きます。
NF-850ECBにおいては、シリコーン系材料を焼付塗装しているため、このような心配はありません。従来のような塗布するだけのタイプとは異なり、有機溶剤をご使用の環境においても、安心してお使いになれます。


◎溶剤の影響評価試験

1.テストパネルを、MEK、アセトン、酢酸エチル、トルエン、ヘキサン、メタノールに60時間浸漬。

2.浸漬後、描画試験(JIS K 6894 準拠)を行い、密着力を評価。


◎評価結果


MEK アセトン 酢酸エチル トルエン ヘキサン メタノール
5点(最高点)。密着力は良好。



フッ素樹脂コーティングなら日本フッソ工業にお任せください! 
東京 大阪(本社)
TEL.03-3688-3237 TEL.072-361-3391
ご相談から納品の流れ お問合せ