日本フッソ工業株式会社 English
東京 048-745-6100072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内

  ご相談から納品の流れ
  焼付けコーティング
ライニングの流れ
  こんなことでお困りでは
ありませんか?
  フッ素樹脂コーティングが
解決する課題
機能別
付着防止
腐食防止
高純度(対溶出)
高純度(対パーティクル)
帯電防止
低摩擦
絶縁
用途別
反応
ストック
乾燥
移送
混合
吸収・吸着
分離・濾過
計量
塗布
半導体製造装置
液晶・有機EL製造装置
成型
付属機器
実験機器
オリジナル製品
【コーティング仕様】
 
CFRP基材へのコーティング NEW
伝熱プレートへのコーティング NFX-1525 NEW
ノンスリップコーティング
 NFX-8690
NEW
セラミックコーティング
 NF-5340
NEW
セラミック+フッ素樹脂コー
 ティング
 NFX-5490EC
NEW
Aμcoat®
 (エーミューコート)
ECシリーズ
剥離帯電防止コーティング
リチルライニング
タックフリー
オリジナル製品
【機器設計・製作】
熱交換器 NEW
ノンメタルPEC
ライニング用機器設計・製作
メンテナンスシステム
フッ素樹脂グレード一覧

環境への取り組み
技術情報
採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA
NIPPON FUSSO(THAILAND)CO.,LTD.

HOME製品案内メンテナンスシステム > メンテナンスシステム


メンテナンスシステム
取扱い注意点 日常点検 メンテナンスシステム

メンテナンス概要

樹脂溶接補修作業について
お客様での点検の結果、もし異常を発見したり不安を感じたら当社にご連絡ください。緊急の場合には迅速に対応します。
なお、当社営業担当者、もしくは当社メンテナンス技術員による点検を行った結果、寿命と判断した場合は機器の更新やライニングの再施工をお勧めすることがあります。
また、ライニング(厚膜)の場合、軽微な傷等であれば、その場で樹脂溶接による応急処置が可能です。樹脂溶接補修作業により、傷付け等によるトラブルを最小限に抑えます。
各検査項目について
ご依頼いただければ、当社のメンテナンス技術員による点検および必要に応じた検査を実施します。
また、ご要望される検査項目がある場合は、事前にご連絡いただければ実施します。
ただし、ご要望いただいた検査項目がライニング仕様に適さないと当社が判断した場合は、お断りする場合もありますので、ご了承ください。

メンテナンスの検査項目

メンテナンスはライニングの用途や種類(仕様)等に合わせて、必要に応じた点検・検査を選定し実施します。



部分補修の方法

部分補修の場合は、適切な機材を用意し、正しい手順で行なう必要があります。



メンテナンスご利用の際の注意点

【メンテナンスをご依頼の際は、次の点にご注意ください】

  • 他社製品はライニングの施工履歴や皮膜構成等が不明ですので、基本的に部分補修をお請けすることができません。
  • 部分補修は応急処置ですので、補修箇所に対する保証はできません。
  • メンテナンス作業時には、事前に機器内の薬液除去・洗浄・酸欠防止処置をお願いします。
  • 点検結果により「補修不可」の判断をする場合があります。
  • 「補修不可」の判断により再施工や更新を検討される場合、当社技術部のさらに詳細な皮膜解析や状況調査を行い、改善策をご提案することもできます。
  • 剥離帯電防止コーティング(NF-685、NF-685B、NF-6895、NF-718ECB)の補修については専門的な技術が必要となるため、担当者にお問い合わせください。
  • メンテナンスは有償です。費用は当社営業担当にお問い合わせください。


フッ素樹脂コーティングなら日本フッソ工業にお任せください! 
東京 大阪(本社)
TEL.03-3688-3237 TEL.072-361-3391
ご相談から納品の流れ お問合せ