日本フッソ工業株式会社 English
東京 03-3688-3237072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内

  ご相談から納品の流れ
  焼付けコーティング
ライニングの流れ
  こんなことでお困りでは
ありませんか?
  フッ素樹脂コーティングが
解決する課題
機能別
付着防止
腐食防止
高純度(対溶出)
高純度(対パーティクル)
帯電防止
低摩擦
絶縁
用途別
反応
ストック
乾燥
移送
混合
吸収・吸着
分離・濾過
計量
塗布
半導体製造装置
液晶・有機EL製造装置
成型
付属機器
実験機器
オリジナル製品
【コーティング仕様】
 
CFRP基材へのコーティング NEW
伝熱プレートへのコーティング NFX-1525 NEW
ノンスリップコーティング
 NFX-8690
NEW
セラミックコーティング
 NF-5340
NEW
セラミック+フッ素樹脂コー
 ティング
 NFX-5490EC
NEW
Aμcoat®
 (エーミューコート)
ECシリーズ
剥離帯電防止コーティング
リチルライニング
タックフリー
オリジナル製品
【機器設計・製作】
熱交換器 NEW
ノンメタルPEC
ライニング用機器設計・製作
メンテナンスシステム
フッ素樹脂グレード一覧

環境への取り組み
技術情報
採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA
NIPPON FUSSO(THAILAND)CO.,LTD.

HOME製品案内 > ご相談から納品の流れ


ご相談から納品の流れ

当社へコーティング・ライニングのご相談をいただいてから納品までの流れをご紹介いたします。
お問合せ前に当ページをご確認いただきますと対応がよりスムーズになります。
フッ素樹脂焼付けコーティング・ライニングのことなら何でもご相談下さい。
貴社の課題解決について検討・提案をいたします。
尚、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください。

TELまたはメール(お問合せフォーム)、FAXでお問合せください。
お客様所在地の地区担当営業よりご連絡させていただき、必要に応じて貴社へお伺いいたします。


東日本事業本部 西日本事業本部
TEL.03-3688-3237 TEL.072-361-3391

基材ご支給の場合(コーティング・ライニングのみ)機器設計・製作を含む場合


基材ご支給の場合(コーティング・ライニングのみ)

お打合せ

 

貴社の具体的な問題点・改善希望項目を確認させていただきます。

対象機器の図面確認

 

コーティング・ライニング施工の可否の確認
(材質、対象製品が焼成炉に入ること、コーティングの塗装が行き届くかどうかの形状の確認など)

対象機器についての使用条件の確認(流体、運転条件、温度条件など)

 

適切なコーティング・ライニングを選定する上で、流体名、運転条件、温度条件など、出来る限りの開示をお願いいたします。

コーティング・ライニングの仕様選定

 

当社が長年培ったデータベースシステムにより的確で具体的な解決策をご提案いたします。必要に応じて実際の使用条件に近い状態でのテストを実施していただいております。テストピースの製作から評価という流れをシステム化しお客様への最善の解決策の提案が可能になります。

コーティング・ライニング施工範囲の確認

 

マスキング範囲、検査項目、コーティング皮膜の精度、コーティング外の処理の確認

お見積り

 

コーティング・ライニングの仕様(弊社グレード)が決まり次第お見積書をご提示させていただきます。

ご契約

 

基本的には、弊社取引条件にてお願いしています。
お支払い条件で貴社の規定がございましたらご相談下さい。

コーティング・ライニング施工

 

施工をお受けした基材は、お客様と決められた仕様で、各工程を経て最終検査に至るまで徹底した品質管理が行われます。

納入

 

最終検査後、コーティング・ライニング面を傷つけないようしっかりと養生をおこない、決められた日時、送付先へに出荷いたします。

アフターフォロー

 

納入後はご契約内容に基づき、保守・メンテナンスを実施させていただきます。

メンテナンスシステム

機器設計・製作を含む場合

お打合せ

 

お客様がご計画されている機器の基本的な仕様の確認
適用法規(一圧、二圧・消防法20号タンク)・GMPなど、運転・取り扱いし易い構造、洗浄し易い構造や出来るだけ流体が滞留しない構造設計など付属品、外面処理の有無。

機器の運転条件などを確認

 

適切なコーティング・ライニングを選定する上で、流体名、運転条件、温度条件など、出来る限りの開示をお願い致します。

コーティング・ライニング仕様選定

 

当社が長年培ったデータベースにより的確で具体的な解決策をご提案いたします。必要に応じて実際の使用条件に近い状態でのテストを実施していただいております。テストピースの製作から評価という流れをシステム化しお客様への最善の解決策の提案が可能になります。

コーティング・ライニング施工範囲の確認

 

マスキング範囲、検査項目、コーティング皮膜の精度などの確認。

御見積

 

缶体の設計仕様及びコーティング・ライニングの仕様(当社グレード)が決まり次第
御見積書をご提示させていただきます。

ご契約

 

基本的には、弊社取引条件にてお願いしています。
お支払い条件で貴社の規定がございましたらご相談下さい。

缶体の設計・製作、コーティング・ライニング施工

 

ご注文後、お客様と決められた仕様で、設計監理、品質管理、工程管理、最終検査に至るまで当社のエンジニアリング部が責任をもってトータルエンジニアリングを実施いたします。

納入

 

最終検査後、コーティング・ライニング面を傷つけないようしっかりと養生をおこない、決められた日時、送付先へに出荷いたします。

アフターフォロー

 

納入後はご契約内容に基づき、保守・メンテナンスを実施させていただきます。

メンテナンスシステム