日本フッソ工業株式会社 English
東京 048-745-6100072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内
環境への取り組み
技術情報

  フッ素樹脂講座

  技術情報誌 Webユニコーン

  日本フッソ技術情報メール

  申込フォーム

採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

関連会社
日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA

HOME技術情報日本フッソ技術情報メール > バックナンバー


メールマガジン バックナンバー
日本フッソ技術情報メール

日本フッソ工業が発行する月刊メールマガジン「日本フッソ技術情報メール」。
新技術のご紹介、ニュース、展示会情報などをコンパクトに発信しています。


お申込みいただいた方に、テキストメールにてお届けしています。


ご注意
メルマガのテキストのみを掲載しています。テキスト中のURLのアドレスへお行きになる場合は
アドレスをコピーしてブラウザーのアドレス欄に貼り付けてください。


日本フッソ技術情報メールのお申込みこちら 申込フォーム


2007年8月 No.56

このメールは日本フッソ工業株式会社がお届けする最新ニュースです。


------------------------------------------------------------------------
    ◆■◆■◆■◆日本フッソ技術情報メール ◆■◆■◆■◆

              2007/No.56

   新技術のご紹介、NEWS、展示会情報等をコンパクトに発信!
------------------------------------------------------------------------

━━【顧客満足度アンケートにご協力お願いします】━━━━━━━━━━━━

当社の施工品をご使用いただいていますお客様、また、関心をお持ちのお客様に
より一層の品質向上とご満足をいただくための参考とすべく、アンケートのご協
力をお願いしています。
以下のURLをクリックしていただきまして、アンケートページを開き、ご回答く
ださるようお願い致します。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=clearfield&c=8&n=23755

━━【日本フッソグループの日韓技術交流】━━━━━━━━━━━━━━━━

日本フッソ工業の海外法人である韓国のフッソコリア(FKR)では新工場が完成
し、増設した設備が順調に稼動を開始。日本フッソグループのアジア拠点のひと
つとして、お客様のご要望にお応えできるよう技術力の向上を進めています。

FKRは立上げ当初から、「韓国で日本と同じ品質の製品を可能に」をスローガン
に技術交流を進めてきましたが、お客様の更なるご要望にお応えするため、今ま
で以上にFKRの技術力向上を促進する必要があります。

そのため、日本フッソからFKRへの技術者派遣は勿論のこと、FKRの技術スタッ
フを日本フッソへ招いて数ヶ月単位の研修を行うなどの技術指導にも力を入れて
います。
日本、韓国を問わず、ファインケミカル、半導体、液晶、等、様々な業界の皆様
に貢献できる人材の育成に努めています。
技術の向上には終りがありません。
日本フッソグループはお客様のご要望にお応えする為、成長し続ける為、一生懸
命がんばります。

━━【地震対策としての焼付けフッ素樹脂ライニング】━━━━━━━━━━━

新潟中越沖地震をはじめ、日本全土で頻繁に地震が発生し、各種設備や施設の安
全性があらためて問われています。
製造業である皆様方の工場におかれましても、防災対策は日頃より検討されてい
るものと存じますが、製造設備すべてにおいて十分な対策をとることは困難な面
もあります。
そこで、地震による被害の懸念事項を軽減するためのひとつの案として、下記の
ような焼付けフッ素樹脂を検討いただければ幸いです。

焼付けのフッ素樹脂ライニングは、金属母材に完全密着しており、負圧下でも問
題なく使用できます。
フッ素樹脂の線膨張係数は鋼の10倍であるため、外部衝撃があってもライニング
被膜が剥れることはありません。
FPR製やグラスライニング製の機器は外部衝撃に弱く、例えば化学工場では、破
損やライニングの割れによる薬液の漏洩などといった事故が懸念されます。
そこで金属機器にフッ素樹脂焼付ライニングを耐震対策として弊社製品を採用さ
れることが多くなりました。
また、静電気による災害も近年多く見られます。
静電気が帯電すると、有機溶剤雰囲気などの使用条件では引火・爆発の危険をは
らむことになります。
また、静電気による粉体付着や物質が引き離される時に発生する剥離帯電など、
静電気障害(ESD)は多くの産業界で大きな課題となっています。フッ素樹脂は
絶縁性が高く静電気を帯びやすい物質の代表とされています。
そのような対策として当社では漏洩抵抗値10の四乗Ωcm〜10の六乗Ωcmの帯
電防止仕様フッ素樹脂ライニングを開発し、様々な業界でご採用いただいており
ます。

以上のように、金属に焼付けフッ素樹脂ライニングした当社の製品は安全対策と
して極めて有効です。
災害対策の一環として是非ご検討ください!

━━【会社案内を刷新しました!】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび、当社の会社案内が新しくなりました。
日本フッソ工業は技術的な変化(Change)、進化(Progression)、
特化(Specialization)する企業集団としてお客様の課題解決のために常に歩み
続けております。
このような当社の姿勢を紹介すべく、(1)新設を含めた国内外生産拠点の業務
内容(2)お客様の課題抽出、その研究と分析、課題解決の提案に至るまでの過
程(3)環境保全と事業活動を両立する企業としての具体的な取り組み、などの
テーマを中心に紹介いたしました。また、カラーの図版や写真を多用し、文字を
少なくして読みやすいデザインにしています。
さらに、独自のフッ素樹脂コーティング技術であらゆる産業分野に対して提案を
続ける当社が、今後は世界市場という新たなステージに向けて前進する企業姿
勢も紹介しています。

ご希望の方には急送致しますのでお気軽にお申し付けください。
本社・三岡 Tel.072-361-3392
mailto:mitsuoka@nipponfusso.co.jp

━━【技術情報誌(Web版)配信申込み受付け中!】━━━━━━━━━━━━━

当社が発行しておりました技術情報誌UNICORNは2004年の26号をもちまして廃刊と
させて頂きました。替わってはWeb版(年4回リリース)のUNICORNとしてメール配
信がスタート致しました。
Web版ならではの即時性を活かしつつさらにバリューのある情報をご提供して参り
ますので、ぜひご愛読下さい。
「配信申込みの件」として、氏名、社名、部署名、役職名を以下のメールでお送
り下さい。
mailto:uni@nipponfusso.co.jp

------------------------------------------------------------------------
◆弊社ホームページもご覧下さい
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=clearfield&c=9&n=23755
------------------------------------------------------------------------
・本メールは弊社が出展致しました各種展示会に来場されましたお客様や、弊社
 営業担当者が名刺交換させて頂いたお客様、本メールの受信登録をされたお客
 様にお送りしています。
・本メールは以下の条件に従って複製・頒布することができます。
1.記事内容を一切、加筆・編集または抜粋しないこと。
2.営利目的のために本メールを転用しないこと。
------------------------------------------------------------------------
発行/日本フッソ工業株式会社
〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通2-4-6
mailto:support@nipponfusso.co.jp
TEL:072-361-3391
Copyright(C) 2007,掲載内容の無断転載を禁じます。
------------------------------------------------------------------------
BACK