日本フッソ工業株式会社 English
東京 048-745-6100072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内
環境への取り組み
技術情報

  フッ素樹脂講座

  技術情報誌 Webユニコーン

  日本フッソ技術情報メール

  申込フォーム

採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

関連会社
日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA

HOME技術情報日本フッソ技術情報メール > バックナンバー


メールマガジン バックナンバー
日本フッソ技術情報メール

日本フッソ工業が発行する月刊メールマガジン「日本フッソ技術情報メール」。
新技術のご紹介、ニュース、展示会情報などをコンパクトに発信しています。


お申込みいただいた方に、テキストメールにてお届けしています。


ご注意
メルマガのテキストのみを掲載しています。テキスト中のURLのアドレスへお行きになる場合は
アドレスをコピーしてブラウザーのアドレス欄に貼り付けてください。


日本フッソ技術情報メールのお申込みこちら 申込フォーム


2006年1月 No.31

このメールは日本フッソ工業株式会社がお届けする最新ニュースです。


------------------------------------------------------------------
    ◆■◆■◆■◆日本フッソ技術情報メール ◆■◆■◆■◆
                   2006/No.31

   新技術のご紹介、NEWS、展示会情報等をコンパクトに発信!
------------------------------------------------------------------

━━【新年のごあいさつ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新年あけましておめでとうございます。
さて、いよいよ新年のスタートとなりました。
今年は戌年ですが、平成16年、17年、18年を並べて考えると、桃太郎の家来になり
ます。
つまり、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)です。桃太郎といえば、これらの家来たちを連
れて鬼退治に行きました。

ちょっと突飛な発想かもしれませんが、「桃太郎」=私たち、「鬼」=「デフレ」とか「不
況」とかで考えると、今年は「戌」も加わって「桃太郎」が「鬼」を退治する年、わたした
ちが不況から完全脱出し、好況の船に乗って意気揚々と進んで行ける年になるので
はないでしょうか。

確かに、市場では、消費者物価指数が対前月、対前年同月比プラスに転じ、2006年
の春ごろにはいよいよゼロ金利政策の解除の声が出ています。
日経平均も15,000円を完全に上回り、好況に入ってきたことを感じる事ができます。
日本フッソ工業は、「ワン」ダフルな年になるよう、オンリー「ワン」の技術でお
客様のお役に立てるよう、今年も頑張ってまいります。

今年も、何卒よろしくお願い致します。

━━【FC EXPO 2006 水素・燃料電池展】━━━━━━━━━━━━━━━━━

新エネルギーの切り札として注目されている燃料電池の専門展示会として
「FC EXPO 2006 水素・燃料電池展」が2006年早々に東京ビッグサイトで開催されま
す。

当社でも燃料電池を構成する各種部材製造設備へのフッ素樹脂コーティングを手掛
けていますが、今回の展示会では経済産業省の補助事業により出展が決まりました。
カーボン材料へのフッ素樹脂コーティングや水素透過性の低いPVDF(2フッ化樹脂)
製品をメインとして展示しますので、是非ご来場のうえ当社ブースにお立ち寄りく
ださい。

第2回 FC EXPO 2006 水素・燃料電池展
開催日時 : 2006年1月25日(水)〜27日(金)
開催場所 : 東京ビッグサイト
小間番号 : 3−42

チケットが必要な方は下記までご連絡ください
mailto:support@nipponfusso.co.jp
展示会の公式ホームページはこちら
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i= &c=70&n=64708

━━【残液の少ないV型タンクローリー】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本全国をフッ素樹脂焼付ライニングのケミカルタンクローリーが数多く走ってい
るのをご存知ですか?

主に廃液を運ぶバキュームローリーに当社のリチルライニングが採用されています。
最近ではタンクローリー自体にも様々な工夫が凝らされ、使い勝手が良くなってい
るようです。その中で、今回はV型ローリーをご紹介しましょう。

V型ローリーは、積載流体をタンクの中央に集めるようタンクの底をV型に傾斜加
工しています。また、それに伴う液配管も傾斜があり、しかも配管が短くなるよう
設計しています。これによりタンク及び配管の残液が無くなり、洗浄性も良くなり
ました。そして、荷卸時間の短縮にも貢献しています。
タンクローリーをご検討中でしたら、一度V型ローリーもご検討されてはいかがで
しょうか。

詳細は日本液体運輸株式会社様HPへ
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i= &c=71&n=64708
お問い合わせは下記へ
mailto:support@nipponfusso.co.jp

━━【技術情報誌(Web版)配信申込み受付け中!】━━━━━━━━━━━━━

当社が発行しておりました技術情報誌UNICORNは2004年の26号をもちまして廃刊と
させて頂きました。替わってはWeb版(年4回リリース)のUNICORNとしてメール配
信がスタート致しました。
Web版ならではの即時性を活かしつつさらにバリューのある情報をご提供して参り
ますので、ぜひご愛読下さい。
「配信申込みの件」として、氏名、社名、部署名、役職名を以下のメールでお送り
下さい。
mailto:uni@nipponfusso.co.jp
-------------------------------------------------------------------------
◆弊社ホームページもご覧下さい
http://www.nipponfusso.com
-------------------------------------------------------------------------
・本メールは弊社が出展致しました各種展示会に来場されましたお客様や、弊社
 営業担当者が名刺交換させて頂いたお客様、本メールの受信登録をされたお客
 様にお送りしています。
・本メールは以下の条件に従って複製・頒布することができます。
1.記事内容を一切、加筆・編集または抜粋しないこと。
2.営利目的のために本メールを転用しないこと。
--------------------------------------------------------------------------
発行/日本フッソ工業株式会社
〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通2-4-6
mailto:support@nipponfusso.co.jp
TEL:072-361-3391
Copyright(C) 2007,掲載内容の無断転載を禁じます。
BACK