日本フッソ工業株式会社 English
東京 048-745-6100072-361-3391
フッ素樹脂コーティングについてのお問合せ・ご相談お問合せ
会社案内
製品案内
環境への取り組み
技術情報

  フッ素樹脂講座

  技術情報誌 Webユニコーン

  日本フッソ技術情報メール

  申込フォーム

採用情報
日本フッソ技術情報メール
メンテナンスシステム
フッ素樹脂講座
表面処理技術研究所
プライバシーポリシー
サイトマップ
リンク集

日本フッソ工業株式会社
〒587-0042
大阪府堺市美原区木材通2-4-6
TEL (072)361-3391
FAX (072)363-1230

関連会社
日本フッソテクノコート株式会社
FUSSO KOREA

HOME技術情報日本フッソ技術情報メール > バックナンバー


メールマガジン バックナンバー
日本フッソ技術情報メール

日本フッソ工業が発行する月刊メールマガジン「日本フッソ技術情報メール」。
新技術のご紹介、ニュース、展示会情報などをコンパクトに発信しています。


お申込みいただいた方に、テキストメールにてお届けしています。


ご注意
メルマガのテキストのみを掲載しています。テキスト中のURLのアドレスへお行きになる場合は
アドレスをコピーしてブラウザーのアドレス欄に貼り付けてください。


日本フッソ技術情報メールのお申込みこちら 申込フォーム


2005年7月 No.23

このメールは日本フッソ工業株式会社がお届けする最新ニュースです。


------------------------------------------------------------------
     ◆■◆■◆■◆日本フッソ技術情報メール ◆■◆■◆■◆
                   2005/No.23

     新技術のご紹介、NEWS、展示会情報等をコンパクトに発信!
------------------------------------------------------------------

━━【展示会出展情報】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セミコンウエスト2005に出展致します!

日本フッソUSAは、7月12日から14日にかけてアメリカ合衆国サンフランシスコの
モスコニーセンターで開催されるセミコンウエスト2005に出展致します。

昨年までの同展示会は、半導体製造前工程をサンフランシスコ会場で、後工程を
サンノゼ会場で展示していましたが、今年からは拡張されたモスコニーセンター
で全ての工程が総合展示となります。

日本フッソUSAは前工程エリア(North Hall/ブースナンバー5514)で半導体産業
向けフッソ樹脂コーティングによる課題解決をご提案し、さまざまな具体例を展
示致します。

今年はブーステーマを“カフェ”と題し、楽しく分かりやすいブース演出を心が
けています。
お客様の課題を解決し、満足させるメニューをご用意致しましたので、ぜひお気
軽に日本フッソUSAカフェへお立ち寄り下さい。
http://wps2a.semi.org/wps/portal/_pagr/123/_pa.123/302

━【Fusso Koreaで海外工場向け大型機器を施工/海外での効率化アップ】━━

近年、日本のお客様の多くは、海外各国に進出されています。
それらの工場で使われる機器は、最近では日本の装置メーカーのノウハウを元に、
各国の機器メーカーに作らせた装置をそのまま海外の工場に納入するケースが増
えてきています。

この度、弊社の韓国の子会社であるFusso Koreaでも機器への施工に際し、効率
的な対応を実施致しました。

●化学会社様の事例
日本の化学会社様の海外工場向け特殊乾燥機(1基7.5t×2基)を弊社施工仕様で
受注

同乾燥機のメーカー様は、韓国の機器メーカーに図面を支給して乾燥機の製造を
発注。
その韓国の機器メーカーからFusso Koreaに基材が支給され、Fusso Koreaでは
同基材にフッ素樹脂ライニングを施工して機器メーカーに返納。
約一ヶ月にわたる全行程において、まったく日本を経由することなく韓国内だけ
の製造と施工によってS国にあるお客様の工場に問題なく納入されました。

本件では施工期間中、日本から出向いたテクニカルアドバイザーが常に立ち会い、
日本の検査責任者が最終検査を行いました。

韓国での機器製造は日本国内のおよそ1/2のコスト。また輸送や後々のメンテナ
ンスなどでもコストの低減が計れるなど、日本の装置メーカー様にとっては大き
なメリットが見込めます。
是非とも、この様なケースがあればFusso Koreaをご利用頂くようお願い申し上
げます。

なお、Fusso Koreaでは日本フッソ同様に重要な作業においては、「有資格者制
度」で認定された有資格者による高い作業品質を実現。
設備においても、4m×4m×8mの大型焼成炉を装備して大型機器にも対処するな
ど、すべての面で日本国内と同等の施工力でお応えしています。

━━【2005年度 設計基準書を改訂】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社エンジニアリング部により設計基準書を2005年度版として改訂致します。

弊社エンジニアリング部では、お客様の多様なご要望にお応えして、種々の缶体
の設計・製造を行っております。

特に、ご使用条件、施工グレード、あるいは塗装方法や焼成方法といった、多岐
にわたる技術とその変化に対しては、より好条件でのフッ素樹脂加工を可能とす
る缶体設計を日々追求しています。

これらフッ素樹脂加工を取り巻く技術の変化に伴い、従来の機器設計基準では説
明不充分な点も多く見受けられることから、設計基準書2005年度版として改訂致
します。

━━【技術情報誌(Web版)配信申込み受付け中!】━━━━━━━━━━━━

弊社が発行しておりました技術情報誌UNICORNは昨年の26号をもちまして廃刊と
させて頂きました。
替わってはWeb版(年4回リリース)のUNICORNとしてメール配信がスタート致し
ました。
Web版ならではの即時性を活かしつつさらにバリューのある情報をご提供して参
りますので、ぜひご愛読下さい。
「配信申込みの件」として、氏名、社名、部署名、役職名を以下のメールでお送
り下さい。
mailto:uni@nipponfusso.co.jp

------------------------------------------------------------------------
◆弊社ホームページもご覧下さい
http://www.nipponfusso.com
------------------------------------------------------------------------
・本メールは弊社が出展致しました各種展示会に来場されましたお客様や、弊社
 営業担当者が名刺交換させて頂いたお客様、本メールの受信登録をされたお客
 様にお送りしています。
・本メールは以下の条件に従って複製・頒布することができます。
1.記事内容を一切、加筆・編集または抜粋しないこと。
2.営利目的のために本メールを転用しないこと。
------------------------------------------------------------------------
発行/日本フッソ工業株式会社 技術部 マネジメントシステム室
〒587-0042 大阪府堺市美原町木材通2-4-6
mailto:onoe@nipponfusso.co.jp
TEL:(直)072-361-3393(代)072-361-3391
FAX:(直)072-361-3622(代)072-363-1230
Copyright(C) 2005,掲載内容の無断転載を禁じます。

BACK